スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
by maggiesensei  at --:-- |  スポンサー広告 |   |   |  page top ↑

H:humiliated

最後のロール - 08

H : humiliated 恥ずかしい(屈辱的な)思いをする

: ”Maggie wet her bed last night!" 「マギーって昨日の夜おねしょしちゃったんだって。」
: "No kidding!?!" 「うっそ~~!?」
: (So much for my reputation..) 〈ああ、これで私の評判も台無し...〉


マギー先生は日頃からりりしくクラスをしておりますが、こ~んな情けない噂が広がっちゃったらさぞかし”恥ずかしい!””屈辱的”な思いをされたことでしょうね。
be humiliatedは、恥をかく、恥ずかしい思いをする、屈辱を覚えるという意味でbe embarrassedよりも<人に恥をかかされた>とか<やりたくないことをやって恥をかく>など「面子をつぶされた」といういったニュアンスが強くなります。
be ashamedは「(自分を)恥じる」という時に使います。


から:
to wet one's bed でおねしょという意味になります。
No kidding!は「うそでしょ~!」「冗談でしょ~!」
という時に使うフレーズです。
他に
No way!
You're kidding me! (You've got be kidding me!)
Get out of here!

などが、「うそ!信じられない!」「まさか!」という時に使えます。

So much for ~ は 「~はもやはこれまで」という意味で想定外のことが起こり今迄あったもの、計画していたことがだめになっちゃったという時に使えます。(他に「~についてはここまでにしておこう」という意味もあります。)

reputationは、評判、うわさ、名声、という意味です。
by maggiesensei  at 13:15 |  Maggie's ABC Part 1 |  comment (0)  |  trackback (0)  |  page top ↑
Comments
Comment Form
管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

maggiesensei

Author:maggiesensei
フレンチブル、マギー先生が体を張って役立つ英単語+会話表現を御紹介します!英語はイメージと関連づけると頭に入りますよ~!マギー先生の楽しい写真と一緒にABCの順番で1単語+関連表現を覚えましょう。ランダムレッスンもちょこちょこあります。ワンコの面白い写真があったらコメントで連絡下さい。コミックレッスン作ります。
(当ブログはアクションの会員ブログのものを一部公開してアップしています。)

広告
最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
FC2カウンター
Adv.
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
月別アーカイブ
最近のトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。