スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
by maggiesensei  at --:-- |  スポンサー広告 |   |   |  page top ↑

I : intimidating

MAGGIE PART 8Final - 09
I : intimidating  「威圧的な」

チビMax : "Oh-Oh...She is staring at me..."
     「ひえ~僕のこと、ガン見してる...」
   : "So this is a pug, huh? We are definitely superior..."
    「ふ~ん、これがパグね。フレブルの方が絶対に優れているわ...」

今日は、久々にチビMax君の登場です
日頃からマギー先生は実にたくさんの人から「ボストンテリアだ!」とか「かわいい~パグだ!」と声をかけらて面白くありません。かなりフレブルとしての誇りがある様です。ここは一発、かましておかねば!!



今日の単語は
intimidating : 威圧的な、威嚇する、脅威となる

(動詞はto intimidate
got intimidated で怖じ気づく)

まさに上の恐ろしいイメージと結びつけて覚えましょう!人の自信を奪わせる様な何か上からがっとくる様な心理的な脅威感を表します。

ex . My boss is intimidating. 「私の上司は威圧的だ。」

ex . Powerful person intimidates me. 「実力者は私を怖じ気づかせる。」

ex . I feel intimidated by women who are taller than me. 「僕は自分より背の高い女性といると威圧感を覚える。」

(Tall girls intimidated me.)

..と、自分より力が上だと思う人、大きい人、才能がある人、美しい人などをそばにすると人はget intimidatedされる傾向がありますよね。人だけではなくその状況もintimidatingになり得ます。

そんなマギー先生御自身はどうなのでしょうか...
I get intimidated by good looking doggies.... 「かっこいいワンコには弱いの...」

あっそ!

「(誰かに)間違えられる」って何て言えばいいでしょうか?

mistakeを使うことができます。

to mistake for .

と間違える.」

ex. Maggie is often mistaken for a Pug. 「マギーはよくパグに間違えられる」



まあ、パグやボストンテリアに間違えられるならいいのですが、ミニブタにもマジに間違えられたこともあります 聞こえないふりをしてすれ違いましたが、先生の耳に「あっ!ミニブタ!!」の声が入らなかったかかなりドキドキ致しました


Please click here to vote! Thank you!!
いつも応援ありがとう!!クリック投票してね~!

にほんブログ村 英語ブログ 英単語・英熟語へ
にほんブログ村

にほんブログ村 英語ブログ 英語表現・口語表現へ

にほんブログ村

こっちもポチっと...please! 人気ブログランキング


マギー先生が”お勤めの”Action! ホームページ

Logo_20081104135203.jpg
by maggiesensei  at 00:01 |  Maggie's ABC Part. 8 |  comment (0)  |  trackback (0)  |  page top ↑
Comments
Comment Form
管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

maggiesensei

Author:maggiesensei
フレンチブル、マギー先生が体を張って役立つ英単語+会話表現を御紹介します!英語はイメージと関連づけると頭に入りますよ~!マギー先生の楽しい写真と一緒にABCの順番で1単語+関連表現を覚えましょう。ランダムレッスンもちょこちょこあります。ワンコの面白い写真があったらコメントで連絡下さい。コミックレッスン作ります。
(当ブログはアクションの会員ブログのものを一部公開してアップしています。)

広告
最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
FC2カウンター
Adv.
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
月別アーカイブ
最近のトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。