スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
by maggiesensei  at --:-- |  スポンサー広告 |   |   |  page top ↑

G : guilt-ridden

Part 7 - 07
Gguilt-ridden 自責の念にかられた

"I beat up Cookie! Poor little doggie.." 「クッキーをぼこぼこにしちゃったわ。小さいのに可哀想なことを...。」
"I shouldn't have chased that cat..."「あのを追っかけなければよかった..」
"Why did I steal Max's snack..." 「なんでマックスのおやつを失敬しちゃったんだろう...」



あ~人の膝でマギー先生が考えることは過去にしでかした悪行の数々...
そう言えば、ヨーキーのクッキーをボコボコにしたことも、ニャンコを深追いしたばかりに引っ掻かれて怪我をしたことも、Maxのおやつをこっそり失敬してしまったことも、あれもこれもと罪の意識にかられてお昼寝もままなりません。


今日の言葉、guilt-riddenはこんな先生の様に自分の過去の行いを悔いて自責の念にかられる状態を表します。

guiltは「過ち」「罪」のこと

feel guilty で「罪の意識に駆られる」

  ex. My father felt guilty about being so busy and not being able to spend as much time with us.
 「父は、忙しくて私達と過ごす時間が取れないことに罪の意識を感じていた。」

(to feel badも「気を悪くする」という意味以外に「後悔する」「悔やむ」という意味があります。)

guilt feeling : 罪悪感
guilt trip : 罪悪感

ex. My mother gave me a guilt trip about not cleaning the house.
「母は私が掃除をしないことに罪悪感を抱かせた。」

語尾のriddenは動詞のrideの過去分詞形ですが、「~に捕われた/だらけの/冒された」という意味合いを持たせます。

bed-ridden : 寝たきりの
debt-ridden : 借金まみれ
crime-ridden : 犯罪の多い
book-ridden : 本であふれた  ex. She lives in a book-ridden house. 彼女の家は本で一杯だ。

より

過去にやったことを悔やむ時のパターンはいろいろありますが、その一つがこれ!
should have + 過去分詞
です。日本語で「~したら/~すれば よかった」って言いますが、should haveの後に何をするべきだったのかという動詞の過去分詞を入れてみて下さい。

I should have checked this page more often! 「もっとよくこのページ()をチェックしておけばよかった!」と皆さん、後悔しない様に毎日アクセスしてね!


いろいろ罪の意識にかられる先生ではありますが、こんな後悔も一晩寝てしまえばまた忘れてしまうのが日課です。日々反省してね、先生!

Please click here to vote! Thank you!!
にほんブログ村 英語ブログへ クリック投票してね~!

こっちもポチっと...please! 人気ブログランキング


マギー先生が”お勤めの”Action! ホームページ

Logo_20081104135203.jpg


by maggiesensei  at 06:00 |  Maggie's ABC Part. 7 |  comment (0)  |  trackback (0)  |  page top ↑
Comments
Comment Form
管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

maggiesensei

Author:maggiesensei
フレンチブル、マギー先生が体を張って役立つ英単語+会話表現を御紹介します!英語はイメージと関連づけると頭に入りますよ~!マギー先生の楽しい写真と一緒にABCの順番で1単語+関連表現を覚えましょう。ランダムレッスンもちょこちょこあります。ワンコの面白い写真があったらコメントで連絡下さい。コミックレッスン作ります。
(当ブログはアクションの会員ブログのものを一部公開してアップしています。)

広告
最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
FC2カウンター
Adv.
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
月別アーカイブ
最近のトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。